身体を使った催眠誘導

 通常、催眠療法では身体には一切触れずに催眠誘導を行います。
もちろん催眠誘導は多種多様あり得るわけですが、催眠療法に適した催眠状態とは
適度なリラックス感がある脳のアルファー波の状態だからです。

 決して首をぐるぐるぐるぐる回されたり、目を押し込まれたり、
身体に何らかの衝撃を与えられるのは心身にとって良い筈はなく、
仮にそれで催眠に入ったとしても、それはとても催眠療法に適した催眠状態とは言えるものではありません。