離人症

 周囲の物はちゃんと目には見えるんだけど、現実感が伴わない。
まるで幻影でも相手にしてるようにしか感じなくなる状態があります。
いや、一時そうなるのではなくて、日常的にそうなってしまう人がいます。

 現実を現実として感じられなくなった状態、頭の上でしか現実を現実として認識できない状態。 なぜそうなってしまうのかは置いておきましょう。

この五感がこれまでのように感じてくれなくなった状態でも、器官としての物理的機能が損なわれていない限り、元の現実感を取り戻せる可能性はそれなりに残っているものです。 もう説明する必要もないと思いますが、潜在意識は決して以前の感覚、現実感を忘れてはいないからです。